クリック365ナビ - 通常FXとの比較から基本システムまでTOP > 確定申告と専門用語 > 相対取引とは?

相対取引とは?

 

クリック365に限らず「相対取引」という用語があります。

 

これはよく使用されますね。

そこで今回は、この相対取引の意味についてご紹介します。

 

<相対取引>
市場参加者が1対1の関係で価格を決めます。

 

それで売買する取引のことを指します。

 

※確認:株式投資のように価格は一律ではないという事です。

 

株式投資の場合は、非常に銘柄が多いですよね。

 

そのため、個々に取引をした場合に流動性が低下するといったリスクがあります。

 

しかし、外国為替証拠金取引の場合では、取引総量がたった1日で1兆5千億ドルもある世界最大の金融市場となっているので、流動性が確保できないということがありません。

 

相対取引が成り立つということですね。

 

円でもドルでも、通貨というのは一つの国が発行しているものなので、株式とは信用力がまったく違うという事になります。

 

外国為替証拠金取引上での相対取引というのは、クリック365を通すことなく「投資家」と「FX業者」が直接やりとりをすることです。

 

この反対に、公的取引所のクリック365を通して行うやりとりは「絶対取引」という事になります。

 

相対取引においては、取引業者の提示レートで取引を行われなければいけません。

 

そのため、相対取引の方が不利になりますね。

 

最近では、クリック365への顧客流出を防ぐために、顧客に有利なレート設定を行う業者も増えています。

 

よって、様々な視点を持った業者選びをすることが大切という事になります。

 

確定申告と専門用語記事一覧

確定申告について

こちらでは、確定申告についてご紹介していきます。あなたは今まで、確定申告をしたことはありますか?クリック365であれ通常の外国為替証拠金取引であれ、株であろうととに...

確定申告の重要性

クリック365でも通常の外国為替証拠金取引でも、更には株や先物取引でも、投資関係でお金を得たという場合は確定申告をしましょう。これは義務ですね。別の記事でも挙げたこ...

マーケットメイカーとは?

あなたは、これからクリック365を行おうと思っていませんか?こちらでは、覚えておいた方が良いと思われる用語がいくつかあるので、それについてご紹介しますね。ぜひ参考に...

相対取引とは?

クリック365に限らず「相対取引」という用語があります。これはよく使用されますね。そこで今回は、この相対取引の意味についてご紹介します。<相対取引>市場...

ロスカットとは?

クリック365を行う上で用語を知っておく事は大切ですね。専門用語はクリック365だけではありませんよ。例えば、通常の外国為替証拠金取引などの場合でも結構たくさん出て...

損切りとは?

こちらでは「損切り」という専門用語についてご紹介します。ぜひ参考にしてみて下さい。この用語もまた、クリック365を行おうとする人にとって非常に重要な用語になります。...